風の色

祈りと信仰(四)
2022.12.04

祈りと信仰(四)
さて、いささか御法門の一端を申し述べておりますが、どのようにお受け止め頂いておりますやら、私にとりましてもはかり知れないものがございます。
ただ、お釈迦様や日蓮大聖人が、限り有る貴重なご生涯をかけて末法濁乱の世に住む我々凡夫に対してご遺訓なされた事をお伝え致しているだけなのでありまして、いささかも私の考えなど及ばないのは周知のとおりであります。
昔、中国の聖人孔子が「述べて作らず、信じて古(いにしえ)を好む」と云われたように、孔子自身も人間の道についていろいろと述べてきたが、それは、自分の考えではなく、昔から宇宙の大生命によって万物がこの世に生かされている疑いを入れない絶対の真理の境地を説明しただけで、別に新しい事を述べている訳ではなく、只そうした昔のことが好きなだけであるとの言葉がまことに印象深く受け止めさせて頂いております
法華経の世界とは、まさに三世(過去・現在・未来)にわたって存在するすべての在り方を包含する教えであります。
我々が日々に生かされているのも、この宇宙の大生命のはたらきなのであり、この原理をお釈迦様は法華経に託され、日蓮大聖人はより具体的に形として具現されたのが、お題目を中心とする大曼荼羅ご本尊と云えます。
このご本尊の意味を深く信ずるところに自ずから凡夫の身が佛の身と一体になるのですからこれ程の有り難さは申すに及びません

ペット納骨 / 猫(雑種) : 岩手県奥州市
2022.12.02

【過去事例】ペット供養依頼
同じ屋根の下で雨宿りした事がキッカケで、一緒に暮らす事になりました
一匹の野良猫は、飼い主さんの心の寂しさを埋めてくれる毎日だったそうです
70代女性からの依頼でした
ペット納骨 / 猫(雑種) : 岩手県奥州市

眼のお話
2022.11.29


日蓮宗公式LINE3分法話

■眼のお話

祈りと信仰(三)
2022.11.27

祈りと信仰(三)
信仰生活の基本的な態度と申しますのは、結局は、日々にご本佛によって生かされていることへの感謝の気持に尽きます。
佛教ばかりでなく、世界的宗教と言われるキリスト教にしても、イスラム教にしても、所詮はこの心で生きることを教えていると思います。
森羅万象この世に存在する総てのものはご本佛の分身でありますから、仲良く共存共栄せんとしています。人間だけが生きる世界でないことは確実です。
日蓮大聖人もよく太陽や月に向かって自我偈を読まれたり、身延山でのご生活の折も、風やそれに揺れる草木にも、流れる川の水の音にまでも、常に妙法を唱えておられます。
そこには、只々有り難いの一心と受け止めさせていただいております。
さて、私ども凡夫は、毎日のように不平不満の中で生きているのが正直なところです。
ですから益々苦しみと迷いが交叉して絡み合い一向に安楽な心に到らないのも当然であります。
所が、本当の信心を行えば自然にご本佛の御心がいただけるのですが、中々その信心とやらが実行出来ないのです。そこで、その信心の一歩手前で行いたいものの中で大切なのが懺悔する気持であります。
これを飛ばして只々願い事ばかりの信心は形は似ていてもご本佛には、中味は偽物と映ることになるのであります。
まず、懺悔の心をもって神佛に向かう事が初心と心得たいものです。
私たちがてらうことなく素直になって深い罪を悔いる、その心を本気になって養う態度をもってこそ、自ずから感謝への心につながる佛道と言うものではないかと思いますが、如何でしょうか

水子供養 / 堕胎 : 熊本県熊本市
2022.11.24

【過去事例】水子供養
縁というモノは不思議で遠方よりの供養依頼でした
コロナ情勢の為、車で旅行していた夫婦がなぜか私のお寺で足が止まったとの事でした
何年も忘れられていたその子に光が差し込んだ瞬間でした
40代女性からの依頼でした
水子供養 / 堕胎 : 熊本県熊本市