風の色

久遠のみち(九)
2022.10.02

久遠のみち(九)
かの有名なマザーテレサは、インドのカルカッタで同心のシスターと共に、キリスト教による貧しい人々の救済活動に全霊を傾けた事は周知の事である。
誰も身よりもなく、一人寂しく路傍で死に逝く人々に向かって、彼女は、「あなたは望まれてこの世に生まれてきた」と語りかけその人々の死を看取ってあげる毎日だった。
ある日、飢餓で病弱になり今にも死にそうになってベットに横たわっている子供連れの母親にお弁当を届けるため見舞いに行った。そのお弁当を受け取った母親は、指でそれを半等分し「隣の家にも同じく飢えている親子がいるのであとの半分をあげて欲しい」と彼女に告げたという。
この時、彼女はその母親に「神」を見たという。
これぞ人間が体験しうる至高の境地、感無量の徳光が輝き増したものと想像している。
本来、キリスト教の思想からすれば人間の中に「神」が存在することはない。
むしろ、この考え方は、大乗佛教の思想に近い。彼女が実際に病弱の母親に見たものは「神」であるが、しかし、事実それを「佛」と読み替えて見たとしても我々には何ら違和感がないのも不思議である。
「神=佛」(病弱な母親)に出会えた彼女は救済活動を通じて現実に「神=佛」が存在すると確信し、また、自身、人をして「神=佛」は人類の救済活動を進めるものであることに一層の祈り(信)を深めたと思われる。
ここで言う「神=佛」は、もともと人間の心の中に備わっているものとするのが大乗佛教の中心思想である。
ところで、彼女と病弱の母親の行いは極めて法華経的であり、しかも菩薩の生き方そのものといえまいか。
法華経の方便品に、
「唯(ただ)佛と佛と乃(いま)し能(よ)く諸法(しょほう)の実相(じっそう)を究尽(くじん)したまえり」とある。
彼女とその母親の関係がそのまま法華経の思想に通じてくる。

久遠のみち(八)
2022.09.25

久遠のみち(八)
前回、久遠のみちの原点が見える云々……。と記したが、私自身、ものを考える際に基本的には原点を踏まえているつもりである。
しかし、実際にはそれを等閑にしている場合が非常に多い。
そこで、もう一度、確認の為に数回前の「久遠のみち」で触れたー佛とは一体なんぞやーに立ち戻って考えて見たい。
佛とは何か。この単純にして判るようで判らない問いである。
一般的には、死人と直結したり、一方では摩訶不思議な存在として、崇高且つ最尊の超人格をさしている。
しかし、釈尊の覚り全体に照らしてみたら両方とも的はずれといえよう。
佛について予め誤解のないようにお断りしておきたい。
一般的に佛というと人格的なものを賦与する傾向は否めない事実である。
しかし、佛とは何かを理解するためには、佛界というように最初から個人格を超えた広がりの中で捉えるのが分かり易いと思う。
更に、この問いに解答を出すことが、久遠のみちをもっと具体的に明らかにしてくれるからである。
宮沢賢治が法華経や日蓮大聖人の御教えに感得して得た境地、「世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない」は、人間凡夫の理想の生き方が佛を生きることであり、それが人間が求めて止まない究極の幸福と談じたものである。
ここで言う「世界全体が幸福に」が佛界であり、人類共通の理想をさしている。
従って、佛界(全体の幸福)は個々人が所有できるものではないということを前提にして「デクノボー精神」という菩薩行で生き通すことに徹したものである。
個人的には佛には成れないが菩薩として佛を生きる事の幸福を一心に「南無妙法蓮華経」に結んだと言える。
佛(界)の真相は目に見えないが、例外なく総ての生きとし生けるものの中に住み給うことだけは事実である

久遠のみち(七)
2022.09.18

久遠のみち(七)
残暑お見舞い申し上げます。
なんと前回から久しく二年余りご無沙汰してしまった。
この間、多くの方より「ひそかに楽しみにしていたのに」「そんなに忙しいのですか?」等々、
伝道ハガキに寄せる方々の真面目な思いを背に受けながら「何とかしなければ」と、反省しつつ今夏を迎えた。
お檀家さんが百軒足らずなのに何故そんなに忙しいのかと尋ねられるが、お寺と聞けば葬式と法事だけと考えている人にとってはかなり理解しがたいと思う。
確かに退職後、霊断師会の本部役職に就いてからというもの会の仕事や全国各地への出向が多く自坊を空ける事がしばしばであった。
しかし、この伝道ハガキの空白期は私にとっては全く無益なものではなく寧ろ「久遠のみち」に繋がるものを温めていたといってよい。
近頃、天地自然が我々人間社会に対し手を緩めることなく襲いかかってる。
その人間社会も、いとも簡単に人命を奪ったり、親子の絆も切れて悲しい出来事がおこり、果てはエセ宗教に翻弄されて自己を失っていく若者たち、大量消費時代における食品管理の落とし穴に泣く惨事等々、我々はどの道逃れることが出来ない時代に生きている。
実のところ、こうした現象は質の違いこそすれ太古の昔からあったものだ。
今や、科学技術文明不滅論の社会にドップリと漬かってしまった我々は、一時の便利や安楽に満足するあまり、事の真相を覚知することに麻痺してしまったと言える。
本当の事を言うと、誰の心(遺伝情報)にも往古より自然の恵みを承けて共存してきた事を忘れていない筈である。
この辺から久遠のみちの原点が見えてくるような気がする

久遠のみち(六)
2022.09.11

久遠のみち(六)
長く続いているこの伝道はがきの中で随所に法華経、法華経と何度も出てくるが、一体、法華経とはどんな教えなのか?
また法華経を人類救済の経典とされた日蓮聖人との関係について簡要に言って貰いたいとの質問を頂いている。
しかし、なかなか要にしてお答えできないのが残念であるが、強いて言えば次のような説明になると思う。
法華経の特色として、一つ目は、誰でもが佛に成ることができると言うことであり、二つ目は、誰でもが永遠に滅することがない命である本佛の種を宿していると言うことではないかと思っている。
この両者は、表裏一体をなしているもので、万人の心の中の奥深いところにある本佛の願い(釈尊と同じ心根で生きよとの呼びかけ)そのものであり、人類愛と言ってよい。
このような教えを現実に引き映して、誰もが着の身着のままで成佛できる実践宗教をお立てになったのが宗祖日蓮聖人である。
宗祖の誓願は、お題目を口・意・身で唱えると言う祈り(易行)を通じて、我々凡夫大衆が佛の位にまで高められることを不屈の信仰によって実証されたものである。
所で、どんな素晴らしい教えでも、現実の人間生活に活かされなければ薬の効能書きと同じことになる。
要するに、観念だけでは凡夫大衆の救いにはならない。
だから現に救われたという安心立命が実感された時に初めてその教えが現実のものになっていくのである。
宗祖は、ここの急所をお題目の神秘に結ばれたのである。
宗祖の教えの総てをご妙判と称しているが、それは法華経を生涯通じて経文どおりに体得された結果お示しになった御書で、それ故そのご生涯を抜きにしてはご拝読できないものと思っている。

久遠のみち(五)
2022.09.04

久遠のみち(五)
数日前の晴れ渡った夜であった。
本堂の斜め向かいにひっそり佇む老梅の前を通り過ぎようとしたが、月光に映された老梅の影に何故か足が止まった。
見上げると薄白い花びらがやや光を放っているようだった。
何となく梅の咲く悦びが伝わってくるように感じた。
芭蕉の句に、「春もややけしきととのふ月と梅」とあるが、古来より月と梅は抒情を誘う相性のいい風景なのかもしれない。
ところが、四月初旬なのに、突然の寒風と雪が襲ってきて辺り一面雪化粧と変じた。
漸く開いた花びらにもこんもりと積もっている。
朝勤のあと本堂から見ると凍てつくような寒さに震えていないかと心配で痛々しく思い幾度と無くお題目を唱えて合掌した。
しかしながら、この梅も何も文句も不平も言わずに逞しく花を咲かせ、やがて木の実をつけ種子を遺して種族保存の使命を果たしていくのである。
実に不思議である。
思わず老梅の魂に温かい声援を贈りたい一心でお題目を唱えたのである。
「ありがとう」の感謝の一念で!
普段からこのような当たり前のように思っている様々な現象を見過ごしていることにハッと気ずかされるのである。
沢山の不思議さを発見する度に自らの感性が磨かれると固く信じている。
我々人間は、常に孤独なのではなく日常生活の中で、ありとあらゆるものと一緒に生かされていることをもっと身近に感じてもよいと思う。
久遠の生命体(妙法蓮華経の五字)とは、個々の存在とその使命をを全うさせる大慈悲心である。
たまたま人間だけが五官を通して認識できるもので、人間以外にも久遠の生命体があるということは、自然界と人間界が融和している何よりの証拠である。