風の色

風の色(十一) 
2021.10.24

風の色(十一)   
大学三年の夏のことである。
身延山の西谷にある信行道場で法友と修行を倶にしたことを思い出している。
信行道場とはいわば日蓮宗の僧侶資格を得る初門で、三十五日間、文字通り止暇断眠、行学二道を修める所である。
毎夜、就寝前である。決まって主任先生は法華経の読誦の後にその部分を講義された。
道場生の大半は睡魔に襲われてそれこそ夢中で聞く始末。
前後不覚、誰とも知れず突然に床に頭を打つ音で一時皆が目を醒ますことしばしばであった。
講師先生は何も注意せず淡々と話されている。
耳を立てて聞いている者だけに向かっておられる。
しかし、時に講師先生は本論からやや脱線してご自分の体験談を述べられることがあるが、そんな時に限って目が醒める私は、不思議と本論より脱線部分が印象に残っており今でも記憶に新しい。
「ある日、師匠に随伴してよそのお寺さんに法要に行った時である。そのお寺さんの恒例で法要前には必ず法話をする慣わしであった。所が法話をする予定のお上人様が都合で来れないとのことで、俄にその代役を仰せ仕った。当然のことながら師匠も断わってくれると思っていたがさにあらず逆に師匠に説得されてしまい、法座に立つはめになった。急なこと故何を話したか一向に覚えていない。とにかく恥をかき、その上聞く人に大変迷惑をおかけしたことが悔しくてならなかった。しかし、それ以来というもの坊さんはどんな時にでも布教師としてお話できるように日頃から研鑽を深めなければならないことを悟った。云々」と。
今も尚、継続してこのことを謙虚に受け止めている。
今夏、愚息、宣周(周を改め)は、同じ信行道場で何を学んでいるのだろうか。

風の色(十)
2021.10.17

風の色(十)
ここ数年、狭い境内ながら所々に紫陽花が色とりどりに咲くようになった。
朝勤の後、境内を歩いていると、その上をうねるように小さな蝶が戯れている。
お題目の余韻が体内から抜けていないのだろうか。
不思議というか、梅雨時の雨上がりに僅かな木漏れ日がさす風光にこちらの心が和む。
蝶や紫陽花に聞くべくもないが、兎に角、こちらの心が向こうから伝わってくる感じがするのである。
その風光にしばし時を忘れている。
あるがままに、妙法の響きとしか言いようがない。
抽象的な言葉でしか表現できなくて残念に思うが、それぞれの命が大きなはからい(久遠の本佛)の中に生かされていることだけは事実である。
拙抄「風の色」をお届けして早くも二年の歳月になろうとしている。
序でも書いたようにあらゆる命が不断に生かされていることへの永遠なる問いかけである。
どの道、今の私にとっては二足の草鞋だが、この現実に否定も肯定もしない。
教職も僧職も程よくバランスを保っていると思う。
様々な視点を持てることが現実を知る上で多いに役立っているからである。
しかし、私の問いは仕事を離れて裸の自分になった時、真に支えとなるものに出会うことではないかと思っている。
何時も、一凡夫としての修行に身を入れよとの声が遥か遠くから聞こえてる。
素直に心の耳を澄まして聞くしかない

風の色(九)
2021.10.10

風の色(九)
私が最初に憧れた僧侶像といえば大袈裟だか、学生時代に言葉に尽くせない程お世話になった長運寺の御前様だった。
しぐさや言葉遣いも洒脱でその身全体が清楚で、特に頭面をきれいにされていたところが印象に残っている。
「まず僧侶の姿は頭面にあり」とまで思ったほどである。
或る日、御前様の曰く「頭を丸めて僧衣をまとえば誰でも僧侶と見るが、誰もが着る普段着の姿のままでも僧に見られるようにならなければ本物でない」と。
さすがは御前様の云われること。当時、有髪姿だった私はこの言葉どおりに生きることを真剣に心に誓ったつもりだったが、心の隅にどこか自分に都合の好い理屈でごまかしているような気がしていたのも事実であった。
卒業後、田舎の教師になっても、このことにこだわり続けて十数年経ってからのことである。
縁あって埼玉県にある布教養成所に入ることになった。
そこの化主である日蓮宗の布教師の第一人者であり、私の心の目を開かしめた最初の師である石川泰道先生の謦咳に接する機会に恵まれ、見事に前述の観念戯論が吹き飛ばされた。
師の曰く「殆どの僧侶は頭面に剃刀を当てるのが普通であるが、現今、果たして心に剃刀を当てる僧侶はありやいなや」と。
この時も有髪だった私は、この言葉を聞くや一念発起。
理屈だけが先立ち佛道への誓いは遠く心にまで届かない自分、まして頭面にさえも当てることが出来ないのが情け無く思い、帰山して直ぐ床屋さんへ飛び込んだ。
ようやく三回目にして頭面がきれいに丸くなった。
佛道はまず姿や形から入り、心に納まってそこから再び外に顕れる。
御前様の真意に一歩近づけたことに感涙一滴。

風の色(八)
2021.10.03

風の色(八)
お経を読んでお題目をあげることは、縁が有れば誰でもできることである。
いわば僧侶でなくとも達者な人は沢山いることを知っている。原始佛教以来、聖職者と在俗の区別がはっきりしていたが、現代の社会では概ねその別はなくなってきているようである。
善し悪しは別として、誰でもが平均的というか並列的というか、何故かそんな社会になってしまった。
ひと昔前までは、僧侶もそれなりのプロ意識があってそれに恥じない言動が衆目の一致するところであった。
私が少年の頃に見た高僧の姿があまりにも印象的で、学生時代に将来の自分の姿を見る時に決まってこのことから離れたことがなかった。
一方に理想象を片方ではそれと矛盾する生活に「あれかこれか」の選択にいつも悩んでいだ。
お盆の棚経でのことだった。
小岩に一人住まいの高齢の老夫人は何時でもこぎれいに身支度し私を待っててくれていた。
一緒にお経やお題目を唱えて下さる。
終わると丁寧に蓋付きの湯飲み茶碗で歓待して下さった。
恐縮して身を小さくしていると、「あと何年生かして頂けるか知れない私にとってこうしてご一緒にご本尊にまみえることが何よりも幸せですわ」との恐れ多い言葉に身が引き締まる思いだった。
不思議にも心が休まりいやが上にも佛の大法に導いてくれていることに気がつき、これもお題目の功徳と素直に感謝できた。
勇猛心が涌くというか、この方の真面目な信仰心に恥じない生き方をと心に誓ったものだった。
この時初めて理想が現実の中にいきていることを悟ったような気がした。

風の色(七)
2021.09.26

風の色(七)
檀信徒の各家々のお仏壇に向かってお経をあげて歩くことをお棚経という。
本格的に始めたのは大学時代である。
老僧と昵懇の関係にあった東京は台東区谷中の長運寺様にお世話になり、春秋のお彼岸そしてお盆と年に三回(延べ十五日間)お棚経の経験をさせて頂いた。
一日平均十三、四軒だったが、早朝より日が暮れるまで足が棒のようになるまで歩いた。
まず早朝千葉の柏市から始まり、東京の小岩に戻り、総武線で新宿周辺の数軒を終えて再び千葉の松戸へ行き、更には品川区の荏原で終了したときは午後七時過ぎであった。
勿論谷中に戻って来るのが九時を越えていた。
体の疲労感は想像も及ばないが、気分的には恙なく終えた安堵感で満たされていた。
当然ながら家族そろって合掌して頂き共にお題目を唱えられたことは今でも懐かしく生涯忘れないだろう。
しかも未熟でアルバイト感覚の学生僧がお邪魔するにもかかわらず訪問する先々で快い歓待を頂いたことが何より嬉しかった。
故は、お檀家の皆様が長運寺様という菩提寺に誇りを持ちかつ大切にしている何よりの証拠であると思った。
法華経の信仰心なくしてこうまで育ててくれるはずがない。
四年間本当にお世話になった。
出掛ける前に御前様にご挨拶しにいくと、長運寺様の御前様は、ニコニコしながら「三田の誰さんはお経が達者だよ」とか「青砥の誰さんは必ず昼食を準備しているよ」云々と。
このさりげない言葉がどれ程の励ましになったか知れない。
真夏の早朝、谷中墓地を通り過ぎ日暮里駅までの道程は清々しかった。