風の色

風の色(四十)
2022.06.12

風の色(四十)
『まがれる木は素直なる縄をにくみ偽れる者は正しきまつりごとを心にあわずと思う』
日蓮聖人御遺文《新池殿御消息》
正直者と云えば、今は亡き師父のことを思い出している。
曲がったことが大嫌いでそのために多くの人と真っ向から激突していた。
ほどよいところで妥協しておれば自分の心も痛まずにすんだろうにと思ったことがある。
結局は老獪な世評に押されて悔しがっていた。
もともと短気で誰彼なく罵倒して憚らない性格から、どれほど家族や周りに当たり散らしたか知れない。
そんな師父を見ていてもっと要領よく世渡りができないものかと気の毒な思いをしていた。
しかし、師父の一生がこの生き方で通したことを思えば、へたな処世術を身につけないままで善かったのだと今は思っている。
社会生活の中でよくあることだが、正直者が疎まれる時がある。
邪魔者扱いされるのは自分の純粋な心の中を隠す術を持たないからである。
自分の利欲を優先する人からすれば甚だ疎ましいということになる。
ところで、幼い頃から師父に睨まれるように育ってきた小生にとって、今なお嘘や誤魔化しがすぐ態度に現れてしまう。
そのために今まで恥じいる失敗を幾度となく重ねてきたことを悔やんでいる。
いくら要領が悪くても自分の心に正直に振る舞える心構えを失わずにいたいと思う。
それを支えてくれるのが信仰と思って励んできた。
では、信仰によって培われる心とは何かと問えば、 何時もご本佛様の意(こころ)に包まれていると実感(安心)できる心といえる。
またそのことが己の曲がった心を自然に素直な方に向けてくれるから有り難いと思っている。      

祈祷 / 魂抜き祈祷 (抜魂) 日本人形 : 岩手県奥州市
2022.06.10

【過去事例】祈祷依頼
祖母の遺品整理中、大切にしていた日本人形の処分に困って連絡を頂きました
後日、本堂にて、魂抜き祈祷を行い、家族と感謝の焼香を捧げました
祈祷 / 魂抜き祈祷 (抜魂) 日本人形 : 岩手県奥州市

6月の書道教室
2022.06.07


本日、書道教室です
月数回のペースで続けております
仏道と同じく、書の道も大変です
字と向き合わなかった日々を後悔しております
字を生き生きさせたい!

松勢工房(書家・松本先生)

https://matsuseikoubou.com/

風の色(三十九)
2022.06.05

風の色(三十九)
例年のように親戚に新年の挨拶をして自坊に帰る途中である。
その車の中でカミさんが、ある仕出し屋さんとの会話を話してくれた。
「この辺りは、昨年の暮れから新年にかけて死んだ人が沢山いるの、葬式続きであそこのお寺さんもそれはそれは忙しくて大変だったようヨ。」
「そういえば、あんたの方の寺も忙しいの………?」
「……… 私の方のお寺はね、お葬式が無いんだけど兎に角忙しいの!」
「…………………………………?」
仕出し屋さん、首をかしげて不審そうな顔をしていたというのである。
車中でカミさんが呟く、
「………お寺のことってほんの一部しかわかっていないのネ!…………」
確かに葬儀や法事が中心のお寺さんは忙しい。
仕出し屋さんが言うとおりである。
拙寺は、その意味では檀家も僅少であるからいわゆる葬儀もなくヒマな部類である。
ところが、決してヒマではなく忙しいのである。
人生相談、信仰や祈りを通じての生き方、家族問題や事業等と訪ねて来られる方が少なくない。
実のところ当山の檀信徒でさえ、私(僧職)の本務が葬儀法事だけと思っているのが現実である。
ましてや世間の大方は、死んだ時だけ来るところがお寺と思っていても不思議ではない。
ご本佛様にとってこれほど悲しいことはない。
それは真の佛法の意に反するばかりか、人生で最も大切な生き方を示している佛法と出会うことなくこの世を去る人の多いことを嘆くからである

人生相談 / 病気 : 岩手県奥州市
2022.06.02

【過去事例】人生相談依頼
最近主人の変な歩き方が気になり相談に来られました
腰に痛みがあり、足を引きずっているとのことでした
運命鑑定にて身体の状態を診断しました
鑑定結果、病院の早期診察を進めたところ、腰の一部骨折が発見されました
70代女性からの依頼でした
人生相談 / 病気 : 岩手県奥州市