風の色

風の色(二十三)
2022.01.30

風の色(二十三)
今から三十数年前、法華経信仰によって全国中のライ患者救済の先頭に立たれた綱脇龍妙という高僧が身延山におられた。
ライ患者と生活を倶にし、法華経による心身の救済に生涯をかけられたまさに現代の菩薩である。
患者の方々はこの高僧を生きた佛様と呼んでいた。
その施設を「深敬園」といった。
この由来は、法華経の第二十章にある常不軽菩薩品の経文の中、「我れ深く汝等を敬う、敢えて軽んぜず」という所からとったものである。
経に云く。
その昔、常不軽という比丘は、会う人誰にも「あなたは必ず佛に成る人」だからと礼拝合掌する。
一方、道往く人々は、何度も敬われるのを忌避するあまりその菩薩を追い払う。
でも追い払われても遥か遠くで「私は決してあなたを軽んじません、いずれは佛に成られる人ゆえ」といってまた合掌する。
この徹底して合掌礼拝する常不軽の菩薩行こそ釈尊の過去世の姿と説く。
信行道場に入っていた時である。
主任先生が道場生の研修のためにこの施設を見舞った。
そこで一度だけ綱脇上人が施設の庭先で患者の方と語り合っているのを見て驚いた。
後向きの患者の片腕しか見えなかったが、綱脇上人はまさにお給仕のお姿なのである。
このような崇高な人間の姿に出会ったのは初めてだった。
そしてこれほどまでに法華経の信仰が昇華されるものかと法友たちと倶に感動したものだった。
その時の熱い感動はどんな立派な説法より心に染みて今でも忘れられない。
一寸した善意でも見返りを求める心(何々をしてやったという傲り)が横行するこの世相。
与え、与え尽くして、何も求めない心(お陰様で何々させて頂いて)が本当の菩薩いや人間の心というもの。
改めて信仰の深さを噛み締めている。

人生相談 / 就職相談 : 岩手県奥州市
2022.01.27

【過去事例】人生相談依頼
高校三年生の就職相談でした
小さな頃から消防隊員に憧れていたそうです
おじいちゃんと二人で来寺れました
10代男性からの依頼でした
人生相談 / 就職相談 : 奥州市

ペット納骨 / 犬(甲斐犬) : 岩手県奥州市
2022.01.25

【過去事例】ペット供養依頼
交通事故で突然の別れでした
家族全員で手を合わせました
60代女性からの依頼でした
ペット納骨 / 犬(甲斐犬) : 岩手県奥州市

風の色(二十二)
2022.01.23

風の色(二十二)
真夏の夜の夢と言えば限りなくロマンが広がりそうであるが、私の場合、恐ろしくて怖い夢ばかりである。
夢の発信地を訪ねて、己が心を家宅として表現すれば、中央に「不安の部屋」、片隅に「安心の部屋」があるようなものである。
小学校五年生の秋である。
何時ものように、早朝から師父の読経で目が醒め、棒のようになった体を起こして眠い目をこすりながら本堂へ向かったが、何故か瞼が腫れていて目が開かない。
合掌してお経を読もうとするが経本の文字がぼんやりとして一向に見えない。
声さえもでないのである。
師父の強烈な喝が体全体に響いてくる。
しかし、この日だけは覚悟し「もうどうなってもよい」と。精神力も力尽きて悔し涙を流しながら横臥してしまったのである。
おふくろは慌てて病院へ連れてった。
診察の結果、急性の腎臓病だった。幸いにして安静という条件で自宅療養で済んだが、気怠い病床の中で、どうして病気になったのか、どうして事あるごとに叱られるのか、どうして寒寺に生まれ、どうして自分だけが早朝から勤行しなければならないのか等々子供ながらすでに一種の暗い宿命のようなものを感じていた。
内心、師父への反発と普通の子供に生まれ代わりたい一心であった。
きっとその葛藤の中で「不安の部屋」が心の真中に永住するようになったと思う。
しかしながら、もしかすると、私という存在は、この「不安の部屋」によってこそ生かされてきたともいえる。
それが「祈り」や「信仰」を呼び起こさせるもとになっていると確信している。
その意味で私にとっての真夏の夜の夢は、はかり知れない銀河の果て(本佛)からの送信(メッセージ)に思えて実に有り難い。

太鼓奉納
2022.01.21


昨年から書道を習っている松本先生(鹿踊り伝承者)から太鼓のご縁頂きました
奥州市江刺に太鼓専門店があったそうです
隣町に太鼓専門店があったこと今まで知りませんでした
本当に恥ずかしい限りです
その菊啓太鼓店さんは、郷土芸能の「鹿踊り」の太鼓を専門に作成されていたようです
「鹿踊り」と言えば、法華経を愛した童話作家の宮沢賢治が感銘を受けた事が有名ですよね
生命の源を感じる太鼓と舞は唯一無二の世界観を表します

松本先生のお話しによると「菊啓太鼓店」の太鼓職人が亡くなり、太鼓を処分するところだったと言うことです
叩いて貰ってナンボの太鼓、太鼓職人の気持ちを汲み、松本先生は、太鼓の嫁ぎ先を全国方々に訪ねておりました
その中の1つが当山へ参りました
音に拘った職人の太鼓が、書家の松本先生の筆入れも頂き相まって当山へ奉納です
地元の職人二人の合作が当山へ縁があったこと感謝致します

■協力/松勢工房