風の色

新年へ向けて
2022.12.30


本日30日は、1年の感謝をしながら、松飾り、幣束、諸神札の交換です
来年が良い年になるよう祈念しながらお取り替えなのです
※画像は、今年最後の書道教室の見本です

恩を知る話
2022.12.27


日蓮宗公式LINE3分法話

■恩を知る話

祈りと信仰(七)
2022.12.25

祈りと信仰(七)
わたしの本当の心はどこにあるの
胸のあたりかな
それとも指令塔のある頭かな
でも、どうしても見つからない
佛様にあずけていたことを忘れてた
佛様が、いつでも欲しいならあげるといっても
うっかり受け取れない
受け取ったらそれっきり佛様と話ができないから

最近、特に心に関する本が売れているという。
どうやらお金のとりこになっている我々日本人への警鐘かも知れないと思ったが、しかし、それだけではなく、文明病ともいえる心因性の疾患に悩んでいる人が増えつつあることとも多いに関係がありそうだ。
普段、何事もなく明るく健康そうに見える人でも、半分、否それ以上の人が忍び寄る“心の病”に気ずきつつある。
それだから何とかしなければならない。
まず、心の実体をじっくり見極めることではなかろうか。
それは佛心を育てることにもつながる。
さて、佛心をどのように読むか自由であるが、私は“佛になる心”と読んでいる。
無条件で佛の教えに帰依する心構えであったらこれ程の安心はない。
信仰は佛と自己とのかすがいである。
もともと心というものは自分だけのものと思うから迷いが出てくる。
佛といつも一緒と思えば楽である。
お題目を一心に唱えていれば自然にわかることである

令和4年 星祭・幣束祭
2022.12.22


12月22日冬至、13時より法要です
1年で夜が一番長い冬至の日、星が一番長く光り続ける日です
「星に願いを」
1年の厄をはらい、来年の好運気を授かりましょう

幣束作成
2022.12.20


新しい年を迎える準備をしております
12月22日(冬至)の星祭り法要にて、各家庭の幣束、御札の開眼をします
幣束作りは魂を込める時間となります