風の色

ペット納骨 / 犬(柴犬) : 岩手県奥州市
2022.07.20

【過去事例】ペット供養依頼
17才で老衰で亡くなられた柴犬の供養をしました
法要後少しお話をしました
「これで最後のペットとなります」
「可愛いから飼いたいけど、最後まで世話できないから、無責任なことは出来ない」と話していました
毎年秋彼岸に夫婦でお参りに来ております
70代男性からの依頼でした
ペット納骨 / 犬(柴犬) : 岩手県奥州市

風の色(四十五)
2022.07.17

風の色(四十五)
佛典諸説は、我々がこの世に人間として生まれることの希有なることを説いている。
一方で、人間は、あらゆる生き物の中で万物の霊長類として最も崇高な存在であることは誰一人として疑いを入れない。
ところが、我々の殆どは、普段から、何故自分が人間としてこの世に生を受けた深い意味や因縁などをあまり考えたことがないばかりか、このこと自体に神秘性や不思議さを感じていないのが事実である。
このことは、小さな種粒から美しい花を咲かせる植物の不思議さを分かっていてもその謎が解明できないのと等しい。
ところで、現代社会は、いったい何に向かって進んでいるのだろうか。
そして人間自身は、高度な文明社会の中で何になろうと生きているのだろうか。
ひょっとすると、久遠の本佛(全宇宙の真理)は、人間がこのような難問に向き合って生きるようにうようにはからっておられるのかも知れない。
この世が人間だけの世界でないと。
そしてあらゆる総てのものが解け合って成り立っているものと。
宮沢賢治が「農民芸術論」の中で『新たな時代は、世界が一つの意識になり、生物となる方向にある。』との如く、今はその道程に在るとしか思えない。
「風の色」(結号)は、人間は勿論のことあらゆるものが「久遠の本佛」を内包する存在であることを述べてきたつもりである。
いささか深まりのない内容にも関わらず激励文やらご支援を賜った沢山の方々に茲に深く感謝申し上げます。

水子供養 / 流産 : 岩手県奥州市
2022.07.14

【過去事例】水子供養
夫と死別後、過去の流産した子供のことを供養したいと来寺されました
心に蓋をしてきた昔の感情が、供養によって解き放たれたそうです
素直に供養できて良かったと涙を流しておりました
70代女性からの依頼でした
水子供養 / 流産 : 岩手県奥州市

祈祷 / 心霊写真 : 岩手県北上市
2022.07.12

【過去事例】祈祷依頼
週末に心霊スポットで写真を撮ったら変なものが写っていたと来寺されました
それ以後体調が悪くなったとのことでした
後日、一緒に行ったメンバーと来寺しお祓いの祈祷をしました
20代男性からの依頼でした
祈祷 / 心霊写真 : 岩手県北上市

風の色(四十四)
2022.07.10

風の色(四十四)
法華経の如来寿量品第十六の偈文(自我偈)の一節によると、
『この世というものは、凡夫の目で見たら苦しみ悩み多き煩悩の山(娑婆)で埋め尽くされているものである。
しかし、御本佛の目で見たら安穏な浄土そのものといえる。』とある。
このように、法華経は、娑婆がそのまま浄土であることを我等の現実生活の中で矛盾無く生き通すことを理想(成佛得道)とし、かつそれが可能だとしている。
当たり前のことだが、誰もが、この世が浄土でありたいと願わない者はいない。
してみれば、御本佛の目でこの世を生きるしかないといえる。
それを、別に言い表わすならば、御本佛の魂(妙法蓮華経の五字)そのものが凡夫の身に内包されていればこそ法華経の理想が得られるということになる。
もともと御本佛が成佛得道の丸薬を妙法蓮華経の五字の袋の中に入れ、末法に生まれてくる全ての我等凡夫の首に懸けさせている。
それを自覚することが凡身に佛心を観るということであり、それを信の一字で素直に受け入れることが妙法蓮華経に南無(帰依)して唱える南無妙法蓮華経のお題目ということになる。
従って、日蓮聖人の説かれる娑婆即寂光土、凡佛一如がお題目なくしてはあり得ないことと同時に、この「風の色」のテーマでもある全ての人々が真の自己(佛性を持っている存在)に出会って御本佛の道を歩むよう願わずにいれないのである。