風の色

ペット納骨 / 犬(ゴールデンレトリバー) : 岩手県奥州市
2021.08.31

【過去事例】ペット供養依頼
病気でペットを亡くされた家族が来山しました
火葬後、寂しくて手元に半年間置いていたそうです
天国に行って欲しいと願い、納骨を決断しました
家族の皆様とペット供養塔にて納骨法要を行いました
50代女性からの依頼でした
ペット供養 / 犬(ゴールデンレトリバー) : 岩手県奥州市

風の色(三)
2021.08.29

風の色(三)
雑巾掛けといえば今は懐かしい。
昔の本堂掃除のことである。
広くて隅から隅まで床拭きから佛具の磨きまで、無言だと退屈でたまらないので覚えたてのお経をそらんじながら手足を動かしていた。
特に真冬などは拭いた先から薄く氷が張り、拭く前より床の汚れがひどく、手が凍てつくほど痛いのに加えて、綺麗にならない悔しさは今も忘れない。
また、正面廊下は栗材だったのでいくら拭いても綺麗にならなかったが何度も雑巾の端でお題目をなぞるように拭いた頃(小学校五年生頃か)を思い出している。
それから、家族みんなで住まいの床が光るくらい磨いたし、井戸水の運搬、薪割りから風呂炊きと、当時ではどの家も大同小異だったと思う。
毎日決まって早朝のお経練習、師父と呼吸が合ったその一日は、私にとって吉日。
然し、月に数度とないから、あとは叱られるのが多く凶に近い日々だった。
もともと仕事が嫌で遊びに夢中になっていた頃だから仕事も好い加減、我が侭を咎められて一層反抗していた。所が、師父との呼吸が合う前の日の作務は不思議と気分よく立派に出来たことを、既にお経を読む声が示していた。
そうした毎日の体験から佛法の摂理というか道理というか、その因果関係を子供ながら身に感じたものだった。
今の仕合わせは今では遅いこと、そして過去を悔いてもはじまらないことを。
結句、今を大切に精進することは自明の理であるが、今もって実行出来ず困難なことを知っている。
子供の頃に素直に感じた摂理の方が佛意に叶っているのだろう。
信仰は水の如くありたい。ただ、困った時だけの祈りは虚しいことを子供の頃の記憶が教えてくれる。このことが今尚有り難いと思っている。

水子供養 / 死産 : 岩手県北上市
2021.08.28

【過去事例】水子供養
ホームページをみて連絡を頂きました
第2子目を死産してから落ち込む日々を過ごしたそうです
幼児菓子を沢山持参され、法要を行いました
30代女性からの依頼でした
水子供養 / 死産 : 岩手県北上市

名刺を作りました
2021.08.27


住職となり、6年目です
名刺を頂くことが多くなり、初めての名刺作りでした
シンプルに自己紹介できるデザインを考えて頂きました
紺色の名刺が気に入っております

★名刺制作
STRAWK様
https://strawk.jp/

祈祷 / 病気祈祷 : 岩手県奥州市
2021.08.25

【過去事例】祈祷依頼
胃がん手術成功と当病平癒の祈祷をしました
70代男性からの依頼でした
祈祷 / 病気祈祷 : 岩手県奥州市