風の色

祈祷 / 渡航安全 : 宮城県利府町
2021.11.30

【過去事例】祈祷依頼
海外へ長期出張とのことで、渡航安全と業務達成の祈祷をしました
初海外とのことで大変不安な毎日を過ごされていました
お守りを授けました
40代男性からの依頼でした
祈祷 / 渡航安全 : 宮城県利府町

風の色(十五)
2021.11.28

風の色(十五)
実は、青年期の糸と言っても自分で紡いだ糸ではなく、そのよってきたる根源は自分の生まれる以前より更に遠く父母未生にもさかのぼるかけがいのないものではないかと、今頃になってそのことに気がついてきた。
いや、今頃とは笑止千万、お陰様で教えて頂いたというべきだろう。
過去遠々の積り積もった善業や悪業が、無限の時を経て現在の自己につながっていることは自明のことである。
その間、どう転ぼうが起きようがそこには一貫して不変なものが流れている。
それが“いのち”(ご本佛から授かった尊い命)である。
その“いのち”の存在に係わり、問いかけることが漸くできたと言える。
それは、単なる観念的なものでなく信仰という体験が育んでくれた感性しかないように思う。
自己というのが自分だけの存在でなく“いのち”との関係ではじめて成り立っていることがおぼろげながらわかりかけてきた。
そして、その心の正体が、見えざる糸から繰り出されてくるご本佛のはたらきであることも確かだ。
幼いとき経本を涙で濡らしたり、師父と倶に歩いた寒修行、そして撃鼓行脚してきた体験から、何故あのように無心に大きな声でお経やお題目を唱えられるだろうかと考える時、やはりそれは“いのち”との感応なくしては唱え難いものだからである。
発菩提心にせよ菩薩行にせよ、この“いのち”との感応あればこそ価値あることを、釈尊が法華経の寶塔品の中で「皆是真実」と言わしめたものである。
終生、前述のかけがえのないものを見つめつつ生きねばと思うこの頃である

人生相談 / 病気相談 : 岩手県奥州市
2021.11.27

【過去事例】人生相談依頼
病院から処方されている薬を飲むと具合が悪くなると相談を受けました
運命鑑定にて処方薬の有無を鑑定しました
80代女性からの依頼でした
人生相談 / 病気相談 : 岩手県奥州市

ペット納骨 / 猫(雑種) : 岩手県奥州市
2021.11.25

【過去事例】ペット供養依頼
この子ね、漫画のように、段ボールの中に捨てられていたの
歩いていたら、目が合ってね。それからなの
この子との10年間は楽しかった
ありが体10年でした。とお話しされました
感謝の法要となりました
60代女性からの依頼でした
ペット納骨 / 猫(雑種) : 岩手県奥州市

書道を習い始めました
2021.11.23


「お坊さんは字が上手い」
皆様はその様なイメージをお持ちではありませんか?
私はそのイメージの重圧にいつも押しつぶされそうになっていました
恥ずかしながら、自分の字は汚く、何度も落ち込むことがありました
住職になり、6年目、ご縁が有り松本先生に習字を習うことにしました
少しでも字に自信が持てる僧侶になりたいものです
最後に、習い事は年齢関係ない事に気付きました
清々しい気持ちで向き合えております
※画像は書家の松本先生です

松勢工房

https://matsuseikoubou.com/